読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy Simple Life 365

お片付けの先にある幸せ家族時間

家事の分担

blog おかたづけ 整理整頓 日々のこと

こんにちは

整理収納アドバイザー やまぐちみき です

主に、大田区多摩川線沿線(下丸子・鵜の木)で活動中です

ご訪問いただきありがとうございます

 

 

 

2/4(土)におうちセミナーを開催します

簡単にピピッと片付くコツをご紹介します

平日忙しい方、土曜日開催です!ぜひお越しください!

現在、募集中!詳しくはこちら -> 

 

 

 

 

共働き家庭での喧嘩の原因になるであろう事象のひとつ

「家事の分担」

先クールでの人気ドラマ「逃げ恥」でも、揉めてました

 

これって、永遠のテーマな気がします

みなさんのお宅ではどうですか?

 

 

 

 

 

 

わが家の場合

わが家の家事分担、

お風呂掃除は、オットが担当!

以上です

 

 

いまのマンションに引っ越した時、わたしは臨月

出産10日前に引っ越してきたのでした

 

おなかが大きかったこともあるけれど、わたしは基本的に水回りの掃除がキライ

いやいや水回りだけでなくすべてにおいて掃除がキライ

でも、お風呂はやっぱり毎日ピカピカな状態で入りたいもの

と思って、オット君に

「お風呂の掃除は担当してね♡」←実際♡がついたかは不明

とお願いしたのであります

 

ふたつ返事でOKをいただき、それ以来お風呂はオット君が掃除をしてくれてます

 

 

 

 世の中の人はどうなんだろう?

「逃げ恥」最終回で「家事の分担」で揉めていました

ミニマリスト日和のおふみさんも記事にしています

mount-hayashi.hatenablog.com

 

 

シンプル×持たない暮らしのぴよこさんも

旦那様の会議の提案・・・世の中の奥様全員を敵に回しますね・・・

simple0358.link

 

みなさん家事分担には興味があるようです

やっぱり、世の中女性の家事負担が多いのでしょうか?

 

 

わが家が分担を決めない理由

わが家は、共働き家庭

カチカチに分担を決めると、お互いにワサワサしてそのうち爆発することが目に見えてると、たぶん最初から夫婦ともども感じてます(お互い口には出さないけど)

 

やっぱり、分担を決めたときのデメリットとして

  • 相手ができていないとマイナスに感じる
  • 相手がやっても当然と思い感謝の気持ちが持てない

ってあると思うんです

 

やれる人がやればいい

 

が、わが家のちょうどいい家事分担

 

お風呂掃除だって、オット君担当ときめてはあるけれど、わたしがやることもある

夕飯後の洗い物も、洗濯物を干すのも畳むのも、わたしがやることもオット君がやることも

 

食事の準備、家の中の整理整頓(掃除は除く)は、ほぼわたしがやっています

でも、毎日ごはん作ってるんだから!とイライラすることもありません

食事のメニューに困って、何食べたいのか聞いてるでしょ!!と怒ることはあっても・・・

 

食事の準備中にオット君は、洗濯物を畳んだりとなにかしら家事をこなしてくれています

それはわが家で習慣化されていることなんですね

こんなこともありました

happy-simple-life.hatenadiary.com

 

 

そしてお互いに感謝の気持ちを忘れない

これが一番重要なのかな

 

 

それでも揉めるのであれば

家事を外注するのもひとつの手

うちでは、毎日お掃除ロボットCocorobo君が活躍中

これもひとつの外注かと

 

お片付けができないのであれば、いつでもご相談ください → 

一度片付けの仕方がわかれば、次からは片付けられるようになります

 

 

お片付けと一緒で、自分の家のちょうどいいを見つけることが

「家事分担」の極意じゃないでしょうか?

感謝気持ちも忘れずに!

 

みなさんは、どう思いますか?

 

 

 

ーーーーーーーーーー 

 

いつも応援ありがとうございます!
いいね!・応援ポチ・読者登録、とても嬉しいです!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(マンション)へ
  にほんブログ村

 

 

現在募集中です

お片付けプチサポート

キッチン・洗面所・玄関・・・といった目につくところ1箇所お困りスペースのお片付けをお手伝いします

お客様と一緒にお片付けをすることで、お片付けのコツをつかむことができます

お片付けをして幸せなおうち時間をみつけましょう!

 

詳細はこちら → 

アンガーマネジメントキッズ講座

5~10才くらいのこどもを対象に、ワークブックを使って「怒り」について一緒に考えます

詳細はこちら →